アーチのお色直し

学校の玄関前花壇。立派なアーチが寄贈されてるのに、小輪のつるスタリナしかないのは勿体無い!と常々残念に思っていたバジルです。

愛が足りないとお世話も遠のく…いやその、いまいちこの土地がお気に召さないようで、生育不良でしたので、思い切って抜いて養生し、新しいつるバラをお迎えすることにしました。
できればPTAのお母さん方に見て欲しい。となると5月初旬の総会くらいにドンと咲いてくれて存在感抜群な、早咲きのスパニッシュビューティーが良いんじゃないか。こちらの花壇は南側に校舎があって、西陽しか差し込まない半日陰なので、植えられる品種が限られてきます。暑い西日本では夏バテしにくいメリットもありますけどね。
アーチの片方はそれで決定、もう片方は京都のまつおえんげいさんで、松尾先生に勧めていただいたコーネリア♪ 咲く時期はズレるけど、病気に強くて可愛くて何度も咲いてくれるので、スパニッシュが春にドカンと咲いた後もアーチがさみしくないはず。
まずは土作り、これ大事。ここの真砂土は粒子が細かくて、中々水が通らないのが悩みなんです。まずは60センチくらい掘って

水を流してみて、5分くらいでスーッと引くようならOK…なんですが…引きませんでした。水はけ悪いんですね。知ってましたよ、ウン。
そこで、鉢底石の要領で日向土の細粒を20センチくらい投入。

そこに、花壇の土とまつおえんげいのオリジナル培養土(めちゃくちゃ水はけ良い)を半々に混ぜて鉢苗を植え付け。

紐を外して、活性液をたっぷり流し込んで完成です

これから良く育って、来年はいっぱい咲いてくれると嬉しいな~
スポンサーサイト

相棒を紹介します ~ 薬剤散布の強い味方

鳴尾浜臨海公園でアドバイザーとしてお仕事するからには、成果を出さなあきません。
死にそうなオリジナルローズのV字回復はもちろんのこと、他のバラ達も出来るだけ葉っぱを落としたり夏バテさせることなく元気に育てて、良く花を咲かせていただかなくてはいけません(`・ω・´)キリッ
公園ですから最盛期だけでなく、出来ればいつもどこかでバラが咲いていたら言うことなし!とのリクエストもあり、どうしたら良いか、い~っぱい考えました。
定期的にハサミを入れて、常に株の中に風を通す
適度な水やり(地植えなのでほぼ不要)
肥料



それらも大事なのですが、一番大切なことは
病気や害虫で葉っぱを落とさない!
これに尽きます。
手間をかける人手や時間があれば、あるいは毎日お世話をしに通えれば低農薬栽培も可能かもしれませんが、基本週一回の限られた時間の中で作業するとなると
最小の時間で最大の成果
使えるものなら道具でも科学の力でもなんでも使う
と言うわけで、
週一回の薬剤散布
を心がけております。そして強い味方が

動力噴霧機(略して動噴)です。ガソリンでエンジンを回して散布します。今まで個人的に使っていた蓄圧式や電池式の噴霧器とは比べ物にならないパワーがあります。
かなりの年代物で、時々エンジンがエンストしたりボルトが緩んで薬液が漏れたりしますが、機嫌よく動いてくれると満タン50リットルの薬液を、わずか1時間半ほどで160株全てに撒くことができます。
最初はパワーの強さにビビったり、効率的な撒き方に苦労(広いエリアで長いホースを捌くの大変)しましたが、今やかけがえのない相棒です。

06/30のツイートまとめ

basil_rose

ブログ更新しました。とってもお久ぶり。https://t.co/3aNXzqxbgq
06-30 15:32

もう一つ投下https://t.co/Bm8SeWDrs1
06-30 15:33

瀕死のバラを救え!

この春から縁あって、鳴尾浜臨海公園にあるバラ達のお世話をお手伝いしているバジルです。

イングリッシュローズを中心に、モダンローズが70品種、160株程植えられています。
バジルの最大ミッションは、数年前にこのバラ園に、とある育種家の方より寄贈されたというオリジナルローズ枯らさず元気に育てること
未発表品種に、市民公募で名前を付けたバラだそうです。一例「鳴尾レッドスター」

大輪で花付きよく、照り葉で強健。香りはほぼゼロ

「ローズlala」

大輪、香り微香、花弁の詰まった大きな花で房咲き。毎年自分の花の重みで枝が倒れて支柱だらけになるそうなので、今年は摘蕾しました。


お見せできる花が咲いているのはこれだけ。他にも
「鳴尾の未来」 とか、
昔、阪神パークにいたレオポンにちなんだ「ジョニーレクイエム」など数品種。
しかし…私がお世話を始めた2017年4月は


こんなんでした。後ろのよく茂った株と比べて下さい。葉っぱを拡大するとこんな感じ

葉っぱが柳のように細くて明らかな生育不良な上に、やたらと蕾をつけたがります。バラも死にかけているのが分かるのか、最後に子孫を残そうと必死なんですね。
オリジナルローズのエリアだけこんなの…

葉っぱは生育不良だわ、週に一度薬剤散布しているのにすぐにうどん粉祭りになるわ、めちゃくちゃ手が掛かります。
糸状の歪な葉っぱの原因として考えられるのは、
除草剤が掛かった 
あるいは
肥料過多で根っこが灼けた
などが考えられますが、根っこがダメージを受けているのは明らかで、株の体力を回復させるために
薬剤散布で、少ない葉を落とさない
ひたすら摘蕾
この二点をひたすら続けました。どこまで回復できるか、乞うご期待!

ブログ再開記念

一年半ぶりのご無沙汰です。ブログの書き方も忘れかけてるバジルです。
リハビリ代わりに、最近の学校花壇の様子を…
まずは中庭

昨年、諸事情によりリニューアルしております。
この面が職員室前の廊下きらよく見えるので、常に何かの花やカラーリーフが楽しめるようにしています。
5月後半

この花壇は、半日陰なので暑さに弱く色の美しいカラーリーフをたくさん入れています
ホスタシリーズ
レインフォレストサンライズ

シュガーダディ

レモニー(花も黄色いらしいです)

黄斑入りトクダマ。右後ろはブルンネラ・ジャックフロスト

小型ホスタのシルバーストリーク

ボルケーノアイランド

タグ不明f^_^;) 中型ホスタです
おそらく手前はオレンジマーマレード

ブルーマウスイヤー
グラウンドカバーにもなってくれるし、ブルーの葉が可愛いです

フラグラントブルー

大型になるフランシスウィリアムズ
後ろは白い斑入りのアカンサス・タスマニアンエンジェル

分けていただいたので品種不明。香りのいい花が咲くそうです

品種不明ですが、昔から花壇にあるホスタ。やたら丈夫で、これくらい大きな株が3つもあります。

次回は他の宿根草も紹介したいです(๑˃̵ᴗ˂̵)
つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード