スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らんかった…薬剤散布グッズ

まつおえんげいのセミナーで、最大の目からウロコだったことの1つ

「薬剤散布に使うスポイト類は使いまわしたらアカン」

もしかしたら当たり前だったかも…でも知らんかったf^_^;)

調剤する時に殺菌剤と殺虫剤、それに展着剤を少量の水に溶かしてから規定量まで水を加える

そこまではいいんです、そこまでは…

問題は

わたくし

一本のスポイトで薬剤を吸い上げ、
軽く洗って別の薬剤吸い上げ
とかやってました!!


それダメなんです!

同じスポイトですぐに別の薬剤に突っ込むのは論外ですが、薬剤にごく少量でも水が混じった時点で、瓶内の薬はどんどん効力を失っていくのだそうです

その薬、半年もしたら効かない代物になるのだとか…((((;゚Д゚)))))))

なので、使う薬の本数だけスポイトや計量スプーンを用意しておきましょう

というわけで、こんなの売ってました。

「薬剤散布希釈セット」1500円

中身は

長いスポイト3本
注射器型スポイト3本
各種計量スプーン
計量カップ

そして

薬剤散布の手引きに希釈倍率の一覧表付きー!
水に強い紙を使っているので、作業しながら見られます。

「この薬にはこのスポイト」って決めてラベルでも貼っておくと良いかもですね♪

色々と心を入れ替えました。
ついでに今持ってる薬剤も入れ替えなくてはいけませんf^_^;)
スポンサーサイト

バラの強化合宿行ってきました

京都のまつおえんげいさん、「2016年バラ栽培教室 短期集中コース」受講してきました。
一年かけてじっくり教える内容を、二日間のべ12時間に凝縮して教えてくださる、大変濃厚なセミナーでございます。
対象者は
「初級~中級者」
だそうですが…
バジルの感想は
「強化合宿」
「熱血指導」
「千本ノック」です。
初級向けじゃねーーー!ァ,、'`( °▽° ),、'`'`,、
使うテキストは

この厚さ

なんと74ページ。
バラの生育サイクル、樹形分類ごとの育ちの違い、栽培管理、用土肥料、剪定誘引、病害虫、薬剤…サブテキストに

を駆使して、全ページ履修しましたとも!
途中何度も気が遠くなりかけましたが、
ものすごく勉強になりました
今まで
お京阪のセミナーで教わったこと
中之島のボランティアで経験を積んだこと
自分で試行錯誤したこと
それら全部を違う切り口から再構築したような感じです。
特にありがたいと思ったのは、
「市販のホームセンターで手に入る薬剤を使って、効果的なローテーションは十分可能」
「栽培本数が少なければ、スプレー式の薬剤でもローテーション出来る」
そして、店内の敷地至る所に誘引してあるつるバラの数々。

左手前から
ナヘマ、パレード、アッシュウェンズデイ
伸び方や咲き方によって、誘引の仕方を変えているのが実例として学べました。
他にも
1つのシュラブローズを誘引場所によって、つるとして扱うのと、ブッシュとして扱う一例

ジャクリーヌデュプレ
株元は太すぎて花芽をつけないのを逆手にとって、代わりにクレマチスで賑やかにするやり方

このバラなんだったっけ…ランブラーで、花はパーゴラの上で枝垂れるように仕立て、株元に鉢植えのクレマチス(新枝咲き)を編むように配置してます。鉢植えにしている理由は、花後は剪定してバラから離すそうです。放置してるとクレマチスが茂って株元に日陰を作り、シュートが出なくなるから。

ローズポンパドールとつるジュリア

ポンパドールは扇のように誘引していますが、HTがつる性になったジュリアは、限りなく水平に誘引しないと花付きが落ちます。

株元も

右がつるジュリアの株元です。去年新しいシュートが二本出たので(緑色の太い枝)、古くなった枝(一番右と、右から三番目)は春の花後に元から切って、抜いてしまうそうです。更新ですね。

目一杯詰め込みましたね~未だに消化しきっていません。これらを、分かりやすくお伝えできるように復習し直してまいりますわ(`・ω・´)キリッ

2月ローズセミナー 剪定はバッサリ & ゲンコツ剪定の極意

今日のセミナーは堺の読売よみうり文化センターから場所を変えて
クリフトンでの剪定実習でした♪

実習場所は、 ♪ひーらパー♪
バラ園の入り口付近の郡植エリアです〜〜

管理人が切ったのはこちら
ビフォー  スキャボロフェアー

とりあえず半分切りました  まずは半分に切ってみました

交差した枝、枯れた枝、細すぎる枝を切って・・・
ここからどうしましょ〜  いらない枝を切ったところ

さらに有望な枝を残して、赤い芽を3つ残し・・・
完成  こうなりました
ってこれ一つ手前の株だった と、とりあえずこんな感じです

この郡植コーナーは、5列くらい植わっているので

だんだんに高さを変えて剪定しないと、奥のバラには日が差さなく
なってしまいます。

今回、特に先生が力を入れて仰っていたのは
下から数えて赤い芽を3つ残せば良い枝がでる(特に良い芽が無ければ
1〜2芽でもOK)



ここで疑問発生・・・中之島バラ園で剪定した時は
下から数えて5芽残す と指示を受けましたが、この芽とは
ほとんど切れ込みのような状態を指していました。


質問〜赤く膨らんだ芽じゃないとダメですか?
お答え〜黒く沈んだ芽とか、ただの切れ込み状態とか
芽にもいろいろあるけど、今回はしっかり赤くなっているのを確認してから
切ってね〜

さあ、ここで皆さんに問題です。中之島で聞いた5芽残し、今日教わった
赤い芽3芽残し、どちらも正しいです。何故表現が違ってくるのか
お考えください。 レッツシンキングタイム

続きに、「げんこつ剪定成功の極意」と問題の答えを書いています。
【注意】 ここから先の実践は、自己責任でお願いします
 

続きを読む

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

2011年ローズセミナー第1回その一 ~ 弱剪定のオールドローズ

年初に打ち上げました野望「ホームページ化計画」
皆様の『待っているよ~』という、温かい応援にあと押しいただきまして
あと少しで公開の運びとなりました。

と申しましても、やっと基礎構造が固まり、アップできる記事もわずかでは
ありますが、過去記事の中からそれぞれの季節のお役立ちネタを、
管理人のお世話記録と絡めて、見やすい形で載せていきたいと
思っております。

 近日公開予定 
 
年が代わって最初のバラネタでございます。
今回からセミナーレポートは記述方式を改訂しまして、セミナーの中でも
ここ大事!なキモの部分をピックアップしてお届けいたします。
また一回の記事の量も、カテゴリ分けしやすいように少々短くなるかも
しれません。

<注意>
セミナーで聞いたメモを元に、ブログ用に再編集してお届けしております。
もちろん、管理人の解釈も入っておりますので、お話そのものと
云う訳ではございません。ご紹介した方法を試されます場合は
参考程度にお留め下さいませ。


1月はつるバラの誘引剪定がやりやすいラストチャンス!
それ以降でもできないわけではありませんが、寒くなって葉が全部
落ちてしまうと、枝が固くなって曲げにくく
なってしまいます。
血流が通っている柔らかいうちに済ませて方が楽かと・・・

今回のメインはつるバラの剪定位置と誘引方法でしたが、管理人的目から鱗は
「弱剪定で管理するオールドローズの剪定位置」

バラの栽培本では、オールドローズには木立性、シュラブ、つる性があって、
切りすぎると花が咲かなくなる品種がある、と紹介されている
ことがあります。そういう品種は枝先だけ切って、弱剪定に留めましょう、とも。

管理人、それ読みながらいつも思っていました。枝先って
どこを目指して切れ、と?
他のつるバラと同じく、
枝に芯の出来たところまで切り戻す?それともホントに毛先数センチ?

わかりやすいのは、赤く盛り上がった芽のところで切り戻す
だそうです。

モデルはモスローズでした。細かいとげに覆われているモスも
芽の部分だけはむき出しなので、芽の色が確認できます。
赤くぷっくりとした芽を探して全部の枝を切り戻せば
失敗がありません。

(小ネタ)
モスローズは細かいとげに覆われていて、とげが枝を暑さ寒さから
守ってくれるので、寒冷地向きの品種が多いそうです。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

クリエテ南千里店講習会(つづき) 4コマ漫画で説明!

日曜の記事は、いきなりカウンターが通常の3倍近く増えて驚いている管理人です(@_@;)
きっと、某芸人さんの名前がタイトルに入っていたからでしょうね。これを機会に
バラに目覚めてくださるとうれしいな~

さて、前回のレポートではどうしても盛り込みたいお話があったのですが、
ちょっとした準備が必要でしたので、続きとしておおくりします。

お送りいたしました「バラの寄せ植え」で、バラと相性の良い
コンパニオンプランツをご紹介しました。

今回は、相性最悪、もしくは取扱い注意の植物を・・・

それは、ミントやアジュガなど、生命力がケタ違いの連中です。
地下茎であっという間に増えて、鉢を乗っ取ってしまうのも理由の一つですが、
もっと深刻な問題が・・・

おさはち先生が、バラとミントたちの栄養吸収能力の違いについて
とってもわかりやすくて面白い話をしてくださいました。

まずはこちらをどうぞ
あぁ、無情・・・ 
STAFF: 原案:おさはち先生 ラフ画:バジル 作画:にーちゃん(特別出演)

いかがでしたでしょうか?
バラは本当におっとりさんで、肥料を置いてもらっても吸収するのに
時間がかかるのに対し、ミントやアジュガは施肥された瞬間、わーっと
たかるのだそうです。

ただ、アジュガは雑草防止、グリーンの維持、跳ね返り防止
結構いい仕事してくれるのですよね・・・バラの株もとさえ避けて、
定期的に間引けば使えるかと思います。

この話を聞いて、ぜひとも皆様にもお伝えしたい!と思ったのですが、
かなしいかな、絵心がありません・・・にーちゃん(漫画部所属)に
昼食一回分のギャラで書いてもらいました。

一言にーちゃんにもファンレターなどいただけると、泣いて喜びます

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。