スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズセミナー番外編 ハダニの越冬

春から夏にかけて猛威を奮い、葉っぱをあっという間に真っ白に
してしまう。しかも小さすぎてテデトールがしにくい厄介な
害虫…ハダニ

冬になると姿が見えなくなるので、どうやって越冬しているのか
不思議でした。セミナーで聞いたところによると成虫のままで
食糧(バラ)からあまり離れていないところで
寒さをやり過ごし、春になって葉っぱが復活するのを虎視眈々と
狙っていたのです!!

越冬場所その1
植木鉢のちょっとしたくぼみ。図解すると

左の図は素焼きとか駄温鉢…のつもり。右の図はプラ鉢のつもりです。
どちらもほんの数ミリしかない窪みに、かたまって小さなコロニーを
作って風をしのいでいるのです。セミナーで見せてもらいましたが、
5ミリくらいのオレンジ色の粒粒が所々に…それがハダニの
越冬シーンだそうです。冬の間に、こうした植木鉢の窪み部分を
マシン油で洗えば
春以降の発生をかなり減らせるそうです。

越冬場所その2
とってもなじみのある雑草、カタバミはハダニにとって絶好の
越冬場所だそうです。確かに、冬でも葉を保っているし、密集して
雨が裏に当たりにくそうです。
カタバミ_convert_20100221212106
今まで、カタバミは根粒菌がいるとか、手っ取り早いグラウンドカバーに
できるかな、とかいらんこと考えて生温かく見守っていましたが、
根絶やしにさせていただきます!!

2月22日 追記
セミナーで見せてもらったオレンジの数の子みたいなハダニのコロニー、
どっかで見た覚えがあるな〜と思っていたのですが、思い出しました。
去年の冬、カタバミの裏にビッシリいたじゃん!!
何気なくカタバミをひっくり返したら、オレンジ色のつぶつぶが
いっぱい付いていたので、「何、これ…? まさか胞子?!(違)」と
大ボケをかましていたのですが、あれ全部ハダニだったのですねぇ

ここからは管理人のボヤキです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。