スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズセミナー第8回 その4 & 海外甲虫事情

前回のコガネムシベビー対策に、追記でございます 

4、フェアリーリングならぬベビーの環(地植え版、非破壊検査)
幼虫は、少しずつ輪を描くように、根を食べる範囲を広げて
成長するごとに土のなか深く潜っていきます。そして、植物の根であれば
なんでも食べる『好き嫌いなし』

なので地植えバラで、周囲に雑草やグラウンドカバーがあれば、
連中に食べられたところから、まーるく枯れていきます
その輪のふちに沿ってニームやオルトランを溶かしたのを撒けば
薬も最小限に抑えられます。



虫シリーズ、今回がラストでございます。 

その3:ハダニ

暑い時期こそ大発生。そして涼しくなるとピタッと姿をくらませる、にっくき蜘蛛科の
昆虫です。ベランダロザリアン様にとっては夏の天敵ですね。

ハダニは雨の当たらない環境では、爆発的に増えるそうです。 油断すると
あっという間に葉っぱを真っ白にされて、蜘蛛の巣まみれに・・・

対策
1、 葉水・・・薬を使わないハダニ対策として有名ですね〜 ハダニに空けられた
葉の穴から、水分が蒸発してしまうのを補う役割も果たします。まずは騙されたと思って
シャワーノズルで一週間お試しください。

2、薬・・・ダニは世代交代が早くて薬に耐性が着きやすいので、ダニ剤は2種類持って
できれば毎回変えましょう。少なくとも連続使用は2回まで

3、ニーム・・・葉の裏だけ掛けます。暑い季節に葉の表に付くと葉焼けを起こします

ここで、こぼれ話・・・ニームや木酢液を使う場合は、春先から使いましょう。
長期に使ってこそ効果があります。もちろん夏はお休み。(計画的に毎回きっちりが
出来ない管理人は、この時点で諦めました。テデトールと土壌乾燥、必要最低限の
お薬とお友達の道を進みます

その4:バラハキリバチ

大きな実害があるわけではありませんが、綺麗に葉を切り取っていく様は、まさに職人技!
しかも食材ではなく、建材になさるという・・・

対策
鉢の場所を替える・・・彼らはGPSのように、お気に入りのバラの場所をきっちり
覚えているので、特定の株ばかり狙われる羽目になりやすいです。移動できる
ものなら、3鉢分移動させるだけで、「あれ?いつものバラが無いぞ」って感じで
よそに行くそうです。

続きに、アニマルプラネットで見た
『甲虫海外事情』を載せています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。