ローズセミナー第10回その2 アンケート結果1,2位発表

週末は夏風邪でダウンしていた管理人です、こんにちは。

ツイートで励ましのメッセージや、おとなしく寝ているようにと
クギを刺して心配して下さった皆様、ありがとうございます。
2日寝ていたおかげで、9割復活いたしました。

春や秋に木の芽が動き出す頃には、うどん粉の菌などが活発に
なりますが、人間も体調を崩し易い季節のようです。

そして、昨日書いた記事は完成間近に消滅・・・ 

気を取り直して、再度アップです。

さて、前回のアンケートに多数投票下さいまして、ありがとうございました。
本日は、ダントツ上位1,2位の剪定方法をご紹介します。

<注意>
セミナーを聞いたメモを元に、ブログ用に再編集してお届けしております。
もちろん、管理人の解釈も入っておりますので、お話そのものと
云う訳ではございません。ご紹介した方法を試されます場合は
参考程度にお留め下さいませ。

1位・・・茂っている枝もあり、成長を止めた枝もあり
snap_catrose241_20109120339.jpg 
こういう状態でしょうか。オリーブの様なイラストはスルーして下さい。
外側の日光が良く当たる枝は茂り、陰になった枝は成長を止めることが
多いようです。

剪定の基本は、
1.高さより残す葉の枚数(最低3枚)重視。
2.つまようじサイズの枝は切り飛ばす
3.今伸びてる新芽は摘芯
4.全ての枝の寸を止める

全ての枝にキズを入れることで、水を吸い上げて傷を治そうとする能力
発揮されるので、分け隔てなく傷を付けること。

上のような状態のバラは、中ほどの成長を止めた枝にも日光を当てると
1ヶ月後には立派な花枝に なります。
snap_catrose241_20109120508.jpg
こんな感じ。
中の枝に最低3枚以上葉を残して切り、周りの枝は高さを合わせて
切れば、すべての枝に日光が当たります。

2位・・・上だけ茂って、中間のハゲた部分から有望そうな新芽が
snap_catrose241_20109121447.jpg 
春に伸びたシュートの先が、ほうき状になった枝などでよくおこります。
ここで選ぶ選択肢は二つ
snap_catrose241_201091211345.jpg 
中ほどの新芽を折りとって、全ての枝の寸を止める。
ほうきになったシュートの先も、本数が多ければ間引いておく
バランスは良くありませんが・・・

もう一つの方法は
snap_catrose241_20109121197.jpg

新芽以外の全ての枝の寸を止めて、新芽にエネルギーを集中させる
順調に新芽が伸びてきたら、余分なシュートのほうき部分を切り取る。
snap_catrose241_20109121273.jpg
すると、こうなって形が整います。業者は主にこちらの方法を取るそうです。



 
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード