スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまったものは仕方ない・・・ ~ 根が不調なバラのリカバリー考

前回、『げんこつ剪定は根の元気なバラに!』と宣言しておいて
振り返ると、根が不調なのに深く切られた、恨めしそうな
バラ様と目が合ってしまいました

いえ、だってねぇ~中之島で実物見て、セミナーで理屈を聞いて
ようやく腑に落ちたから記事をアップできたわけで・・・その前に切った
バラの中には、やっちゃったな~というのもあるのですよ
なかなか知識が身につかなくて、同じことを繰り返してますね~

このバラ様達も、何とか復活してもらわなければ!ということで
脳みそ振り絞ってリカバリー策をいくつか考えてみました

【注意】今まで教わった知識をフル稼働させていますが、もしかして間違いも
あるかも・・・試される際は自己責任でお願いします

まず、優先させるべきは根の復活
1、少しでも気持ちよく過ごしてもらう為に、乾くまで水は控える
株に対して土が多くて乾きにくい時は
穴をブスブスっと ブスブスっと下まで穴を開けて空気を通す~
2、ご飯を食べる体力もない重病人ですから固形肥料はバツ
3、芽吹くであろう2月末に、根っこ応援団としてメネデールとか
バイタルを送り込みます

めでたく芽吹いてくれたら
4、高確率で去年からの病気を体内に持っているはず…
殺菌剤をジョウロで潅水します。薬が葉の付け根に乗る様に
5、規定量より少し薄めの液肥にバイタルなど混ぜて
少しずつ栄養をつけてもらいます。乾くまで与えない、は堅持
6、うまく枝を伸ばしてくれたら、蕾が見えそうになったところで先を
ソフトピンチ(指で折り取る)。絶対に花は見ない。もしかしたら
葉っぱ1~2枚で蕾を付けるかも…もちろん蕾だけ取っちゃう。

これだけやったら、根も復活して元気なシュートがいつか出て来てくれるはず・・・
参考にしたのは去年の記事「ローズセミナー第5回 その二 調子の悪い株の救済」です。
同じ処置で、「ローズセミナー番外編 やっちゃった~」で可愛そうなことになった
トロピカルシャーベットは、ようやく新苗クラスにまで復活しました。
今年もしばらくの間、花はお預けです(^_^;)
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。