スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までの夏対策を振り返ってみました

5月末に発表された梅雨はどこへ行ったんでしょうか・・・
真夏並みの暑さにヘタレかけているバジルです。

毎年夏が近づくと

今年もバラの暑さ対策をしなくては・・・

と頭を悩ませます。

バジルの住んでいるのは温暖な関西地方&瀬戸内寄り。
温暖と言えば聞こえはいいけど、夏は灼熱地獄です…
地植えはともかく、鉢植えバラの根っこをいかにして
照り付ける太陽の熱から守るかが毎年夏の課題であります

過去色んな方法を試しました
1.鉢の前に植物
2011年の雑草
2011年。
鉢周りの雑草を放置してみました。
後ろの鉢を日差しから護り、雑草が気化熱を奪って
気温も下げる一石二鳥を狙ったはずでしたが、真夏は
雑草の生長が早すぎてあっという間に茂りすぎ、
風通しが悪くなって、逆に蒸れて
下葉を落としてしまいました。

前年の失敗を踏まえて2012年
鉢の前に背の低い植物
雑草ではなく、背が低いままの園芸植物
スイートアリッサム
茂らせた後ろに、背の低い鉢植え
「ペパーミント・コルダナ」
置いてみました。風通し良く、熱風は
アリッサムが和らげてくれて、これは成果があったと思います。

番外編として
鉢ではありませんが、学校の立ち上がり花壇も夏場は
直射日光でレンガが焼けて地温が上がるのを防ぐために
花壇の淵に、這うタイプのローズマリー
植えています。


2.二重鉢
025-20120723.jpg
手持ちの一回り大きなプラ鉢で囲っただけの簡単な熱対策。

日差しはカットできますが、熱は吸収してくれない…f^_^;)
外側の鉢との境に砕いた発泡スチロールとか入れたら
断熱効果が上がるかもしれません。


3.段ボールで囲い
111-201208.jpg
見た目はアレですが、一番断熱効果がありました♪
鉢を素焼きかテラコッタにしたら、更に効果アップ

以上、これまでに試した対策色々でした。




で、今年は鉢の素材そのものを変えた対策を
試みているわけです。

続きは次回に♪
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。