スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が付いたら猛暑だと・・・? 暑さからバラを守る手段2015年バージョン

皆様、お久しぶりでございます。

梅雨…開けました?
バジル地方では昼間に外に出ると焼け焦げそうな
暑さになってまいりました。

これから8月いっぱいまでは、バラをいかに夏バテさせないようにするかが
大きな課題です。
毎年、試行錯誤しながら暑さ対策を取っております。去年は
1.鉢の側面と株元に日を当てない
二重鉢とか、鉢を麻布で巻くなどしておりましたが、
今年は小さな鉢数が増えすぎて無理!
なので小さな鉢はお互いに日陰になりすぎない程度に寄せて、温度上昇を防ぐ作戦に。

代わりに


出窓には50%の遮光ネットを掛けて、多肉植物を収容しました。多肉も真夏の直射日光には弱いんですよね(´・ω・`)
2.株全体に軽くシャワーをかけて株にこもった熱を冷ます

掛けすぎると今度は蒸れてしまいますが、昼間乾燥した日の夕方なら
すぐに乾いて温度も下げます。平たく言えば打ち水ですね。

3.乾燥が進めば置き肥は中断して液肥に切り替える。
置き肥は水分を含んでいないと、栄養成分が土の中に染み出してこないですからね~~
水に溶かすタイプ(ハイポネックス微粉や、ハイポネックス・プロフェッショナルなど)は
地温も下げてくれるので一石二鳥。

★サイズは120g、500g、1.5Kgなど色々です。
日本全国、たいていのホームセンターや園芸店で
手に入ります。★



ハイポネックス 微粉ハイポネックス 120g

ハイポネックス 微粉ハイポネックス 120g
価格:449円(税込、送料別)







★NPKが20:20:20と高濃度。
ハイポネックスの原液と思っていただけると・・・
最小単位で2キロなので本数が多い方向きかもです
バラへの使用量は1000倍★




こんな対策になっております。

ところで、同じ日本でも
夏バテ、なにそれ、どんな症状?
などとおっしゃる地域住民がいらっしゃいます。
いわゆる、寒冷地 あるいは 厳寒地
というところにお住いの方々ですね

ちなみに、バジルが住んでいる地域は
温暖地 最近では 亜熱帯地
などとも称されます。

次回はそのあたりを詳しく比較していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。