スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀕死のバラを救え!

この春から縁あって、鳴尾浜臨海公園にあるバラ達のお世話をお手伝いしているバジルです。

イングリッシュローズを中心に、モダンローズが70品種、160株程植えられています。
バジルの最大ミッションは、数年前にこのバラ園に、とある育種家の方より寄贈されたというオリジナルローズ枯らさず元気に育てること
未発表品種に、市民公募で名前を付けたバラだそうです。一例「鳴尾レッドスター」

大輪で花付きよく、照り葉で強健。香りはほぼゼロ

「ローズlala」

大輪、香り微香、花弁の詰まった大きな花で房咲き。毎年自分の花の重みで枝が倒れて支柱だらけになるそうなので、今年は摘蕾しました。


お見せできる花が咲いているのはこれだけ。他にも
「鳴尾の未来」 とか、
昔、阪神パークにいたレオポンにちなんだ「ジョニーレクイエム」など数品種。
しかし…私がお世話を始めた2017年4月は


こんなんでした。後ろのよく茂った株と比べて下さい。葉っぱを拡大するとこんな感じ

葉っぱが柳のように細くて明らかな生育不良な上に、やたらと蕾をつけたがります。バラも死にかけているのが分かるのか、最後に子孫を残そうと必死なんですね。
オリジナルローズのエリアだけこんなの…

葉っぱは生育不良だわ、週に一度薬剤散布しているのにすぐにうどん粉祭りになるわ、めちゃくちゃ手が掛かります。
糸状の歪な葉っぱの原因として考えられるのは、
除草剤が掛かった 
あるいは
肥料過多で根っこが灼けた
などが考えられますが、根っこがダメージを受けているのは明らかで、株の体力を回復させるために
薬剤散布で、少ない葉を落とさない
ひたすら摘蕾
この二点をひたすら続けました。どこまで回復できるか、乞うご期待!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

つぶやき中…

バジル < > Reload

プロフィール

バジル

Author:バジル
グリーンアドバイザー
宝塚某園芸店スタッフ、中之島公園バラ園ボランティア。
マンションの専用庭と近所の某公立中学でバラを育てています。
ローメンテナンス・ローコストが合言葉

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
虫 (7)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。